小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ふいに手を絡ませてみた。  ビクッとした反応がとても愛おしい。  触れる肌は熱く湿り、強張っている。  とても緊張しているのだろう。  こんなシチュエーションに不馴れなことがよくわかる。  もう少しいじわるをしてみようか。 「この繋ぎ方なんて言うか知ってる?」  頬を赤らめ彼はその答えを言う。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません