小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「野球とサッカーなら、どっちが好き?」  小学生の頃、幼馴染み達が尋ねた。  一対一の真っ向勝負にロマンを感じる僕は''野球''と答えていた。  中学で幼馴染み達は真っ向勝負を挑んできた。 「私達のどっちが好きなの!?」  優柔不断な僕は返答に窮する。  誰か僕のパスを受け取ってくれない?

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません