ショートカレー ~140字のものがたり~
桜舞う校庭で、私は運命を知る

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 ごめんね。  初めて制服に袖を通した歳に、初めての彼氏に別れを告げた。  親の転勤という、抗えない理由で。  ブカブカの制服も馴染み、新しい制服に身を包んでも、私の心は彼にあった。  学校を選べる歳になり、私は戻れた。  桜が舞う校庭で、目を疑った。 「ようやく逢えたな…」  運命なの。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません