小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 袋を提げたおばあさんが困っている。  俺は声を掛け、袋を持ち付き添って横断した。  突然後ろから肩を叩かれ振り返ると警官がいた。  俺は「何の用でしょう」と訊く。  するとおばあさんが、「この人に言われて仕方なく」と叫んだ。  俺は連行され、老女は置引犯だった。  もう二度と親切しない。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません