ショートカレー ~140字のものがたり~
一声惚れと一目惚れ (上)

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 心が痛む季節が、また来た。  街が桃色に染まるたび、桜が脳裏に浮かぶ。  もう、いない桜。  桜は言った。  しあわせになって、と。  舞う花びらを一枚にぎり、桜、と呟く。 「はい」  はす向かいの桜の下にいた女性が振り向く。  その声に心臓が掴まれた。  彼女の声に一声惚れをしてしまった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません