小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 下校中の校門でクラスメイトに呼び止められた。  あまり話したことがない男子だ。 「明日、暇を壊しませんか?」  変な誘い文句だなと、噴き出してOKをした。  当日の帰り際に「今度」と言うので、次の予定かと思うと、「指輪をはめませんか?」と言いだした。  今度はいろいろすっと飛ばした。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません