ショートカレー ~140字のものがたり~
一声惚れと一目惚れ (下)

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 今年もチクチクしてる。  痛みが私の心を物語る。  桜の季節は、もういない彼を思い出す。  幸せになれ、と言った桜井さん。  ふわふわ舞う桜のシャワーを浴びていると、ふいに名前を呼ばれた。  桜と。  私は踵を返し「はい」と応えた。  男性がいた。  直感した。  この人は私の特別になる、と。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません