小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 事故で両親を失った姪を引きとった。  独身の俺は不安だったが、伏せっている姪を不馴れな料理で励ます。  徐々に姪は笑うようになった。  半年程して姪が深夜に帰宅し叱った。  フォローしようと、部屋にケーキを持って行くと話し声がした。 「せっかく事故に偽装したのに、叔父がマジうざい」 

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません