小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 視界を行き交う車灯の群れ。  最近はすっかりと灯る時間が早まった。  イヤホンが奏でる音に合わせ、指でリズムを取る。  団地へ流れるバスはまだ姿を現さない。  ふいに吐息のような、かすかな風がふっとうなじを通り抜ける。  そろそろポニーテールも終わりかな。  明日から、下ろして登校しよ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません