小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 闇夜に白のコントラスト。  つごもりの中、羽毛のようにふわふわと舞い降り、みるみると世界を白に染める。  掌をひろげ、一粒受け止める。  じわりと姿を変え、掌が湿る。  心地がいい湿り気に、自分の熱を実感する。  私は生きている。  まだ黒には染まらない。  余命二ヶ月。まだ白でいたい。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません