小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「好きだぁぁああ」  屋上から生徒達が叫んでいる。  うちの学校の卒業式での定番の風景だ。  在校中に告白出来なかった子達が、この場で想いを告げる。  はあ、早く帰って一杯やりたい。 「優子先生好きだぁぁああ」  へ?林くん?  わ、私には駄目よ。  だ、第一、あ、あなたはまだ小学生でしょ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません