小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 パチッと熱い音を立て受け入れの準備が整う。  少量の油を均し、コンコンと音を叩く。  ジュッと食べられないパンが美味なる音を奏でる。  眉より高い位置から、塩雪が舞う。  荘厳な黄金を取り囲む純白の絨毯。  今日も彼女はご機嫌になるだろう。  寝惚け眼の嫁が目をこすりながらやってきたぞ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません