小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 パチっと食欲を勢いよくかきたてる音をたて、粉火が舞う。  炭の焔が渾身の力で燻している。  轟々と昇竜の如く天を目指す煙が嬉しく眼を虐める。  脂を滴らせ、その身が着々と黒に染まる。  口に広がる唾液が垂れる前にゴクリと飲み込む。  大将が怒号の如く声を張る。 「へい!ねぎまお待ち!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません