小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 熱い瞼に意識が克明に届く。  馴染みの天井は薄暗い。  微かに外から差し込む光は夜には明るく朝には暗い。  まどろむようにはっきりしない乏しさに苛立ち、情報を隔絶している厚い布を開き世界と対面する。  しとしとと空が泣いている。  同情なの?  世界と別れようとしてるわたしに。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません