小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 告白は気持ちの押しつけ。  そう思っていた。  同じ美化委員で、おっちょこちょいだけどいつも優しい彼に私は惹かれた。  でも押しつけは嫌。  いつしか彼は恋人ができた。  卒業式の最後の会話で「本当はずっと好きだった」と彼は苦笑いした。  もう遅い言葉に、私は漸く臆病だった自分を知った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません