小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 グラデーションの変化がない青い空が果てしなく広がっている。  あの端っこはどこだろう、とふと思う。  僕がいる場所は、世界の中心で端っこだ。  世界は広いらしい。  空に一本の線が入る。  あれはなんだろう。  まだ知らないことばかりだ。  だから行こう。羽を広げて。  今日、僕は世界へ翔ぶ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません