小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 不器用な夫が、DIYの星になると言い始めた。  下手な家具で家の中は溢れて、足の踏み場も無くなった。  私は彼をたしなめた。  夫はうるさい、と星一徹のようにテーブルをちゃぶ台返した。  木っ端微塵だ。  夫は必死に直そうと試みる。 「俺はいま猛烈に絶望している」  夫に飛雄馬は無理だった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません