小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 とくとくと音を叩き、湯気をまとった美酒がお猪口に注がれる。  宝物を持つように猪口を大切に抱え、そっと鼻先に近づける。  すぅっと甘い香りに鼻腔をくすぐられ、お腹にぐいっと一気に流し込む。  家内のお疲れさまが耳に届き、体がほのかに温もる。  疲れがほっと抜ける。  ああ、幸せだ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません