ショートカレー ~140字のものがたり~
コンビニバイトの私は、常連さんに恋してる

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 あ、今日もいらした。  私はいらっしゃいませと、元気に声を張る。  餡パンと野菜ジュース、スーツがビシッと似合う彼の、いつもの定番だ。  今日はあっちのレジに行っちゃった、残念。 「釣り銭一円足らねえだろうがボケェ!」  彼が罵声をあげている。  しかも一円で。  こまかい彼もス·テ·キ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません