小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 服が厚みを増すたび、夜の闇が深まる。  闇の深度に反比例するように、街は彩度を高めていく。  赤や青、白や緑、色彩溢れる街は賑やかになるけど、どこか寂しさも感じる。  田舎の夜は静かだけど、とても雅やかだ。  ふいに郷愁を覚える。  お父さん元気かな。  帰ったら久しぶりに電話しよう。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません