小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 一口で十年若返るという伝説の煎餅をわしは手にした。 「決して完食してはならん」と魔女は言った。  三十年分の三口だけかじる。  美味を超えた神の味。  よだれが垂れる。辛抱たまらん。 「こやつもおたまじゃくしに戻ったか。強欲な者は自制が効かんな」  魔女はいつものように鼻で笑った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません