ショートカレー ~140字のものがたり~
憧れの異世界で勇者になったが、月550時間の修行で俺はもう死にそうなんだが。

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 異世界転生したい。  月150時間のサービス残業に俺の心は破綻していた。  限界を迎え線路に飛び込むと、そこはファンタジーの世界だった。 「勇者様お待ちしておりました」  俺は勇者と崇められ修行に励む。  月間550時間の修行は無報酬で無休。  得られるのは栄誉のみ。  ブラック異世界だった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません