ショートカレー ~140字のものがたり~
鏡よ鏡、世界一のイケメンは誰だい?

小説を栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 くだらない男。  校内でも指折りの美女に、デートで謂われのない烙印を押された。  汚名返上に、再度機会をくれと懇願した。  当日は家柄·容姿·成績と俺が他人よりいかに素晴らしい男かを説いた。   彼女は頬杖をついて気怠そうに言う。 「本当にくだらない男」  彼女は一体何が気に入らないんだ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません