落日の眩耀
0
1
ステキユーザー デビュー レビュワー 新人作家
ミステリー 全8話 完結済み 第3回ステキブンゲイ大賞応募作
眩いばかりの落日が、枯れ葉を透かしながら、山々に漆黒の訪れを告げている…… 絵画を観ているうちに、なんだか視界がぼやけてきた。私は泣いているのか……どういう訳だかこのまま、この絵をずっと観ていたくなった。 しかし、夢を終わらせねばならぬ。 夢の最後に男が観たものとは…… 参考資料 バルテュス作「決して来ない時」 https://crea.bunshun.jp/articles/-/5340 ※この物語は、長編ミステリー「終天の朔」の作中作です。本編も合わせてお読み頂けると幸いに存じます。 https://sutekibungei.com/novels/d494e091-aca4-4bf8-b01b-a6e965a769c4

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません