無神論者の花だより
デビュー ステキユーザー
純文学 全4話 連載中
収穫を終えた林檎の木に幾つか残される〝林檎の木守り〟 町外れ、森奥の教会を管理する少女は、密かにそれに焦がれていた ある秋の日、少女の目の前に、年齢不詳、ついでに性別不詳な自称カミサマが現れ、少女に木守りを差し出す これは、少女の〝初めて〟を詰め込んだ物語——……

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません