無神論者の花だより
X   プロローグ

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

神様ってヒドイことするなあ。 若葉色の森を眺めながら、旅人は一人歩を進める。 さわさわと揺れる木々。僅かに触れる風は、少しだけ冷たい。 これなら、もうすぐ外套もいらなくなるかな。 なんて考えていると、足取りも軽くなる。 白い白い世界の中、切り取られたようにそこは存在していた。 町外れの小さな教会。 周りを囲む背の高い林檎の木には、雪がぽつりぽつりと積もっている。 「——……」 静かに息を吞んで、旅人は足を踏み出した。 一定のリズムで足音が聞こえる。 そして雪の積もった木陰に腰を下ろすと、旅人はそっと、歪んだ視界を閉じた。 「————ねえ、」 声がして、はっと目を開く。 見ると、修道服を着た黒髪の少女が、旅人の顔を覗き込んでいた。 「貴方、また来たの?」 「まあね」 いつものように答えると、少女は大きなため息をつく。 何処からか冷たい風が吹いて、すっかり赤く色づいた森をざわつかせた。 「……寒っ。そろそろ外套を出した方がいいかも」 「最近冷えるね。きっと、雪が降るのもすぐだよ」 「雪は早すぎるんじゃない?」 「ふふっ。さあ、どうかな」 くすくすと笑う旅人に、少女は訝しげに眉を寄せる。 この教会で過ごす最初の冬は、一体どんなことになるのやら。 少女のため息がもう一つ、冷たい空気の中に溶けた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません