作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 屋上展望台の頂上は、走り回るには向いていない。  もしも機動力を活かすとなれば、降りながら戦う事になるだろう。  風鳴は漆黒の外套に身を包み、蹲ったまま動かない。  あれは開明から奪ったもので、日除けを目的としていると見るべきか。  以前は右眼だけだった赤光が、左眼からも放たれている。 「……神殿の時とは逆ね」  言葉に応えたのか。  一際、強く風が吹いた。  青一色だった空に、雲が流れ始めている。  瞬く間に陽光が遮られた。  風は吹き続けている。  漆黒が、立ち上がった。  背筋をピンと伸ばした、美しい立ち姿。  外套が、黒翼めいて、バサバサと翻る。  頭巾が風に負け、素顔が露になった。  風鳴の顔からは、色が消え失せていた。  もとより色白気味だった肌はもはや死面の如き、石膏の色。  ただただ一つだけ、血色に染まった瞳が主張している。  血を、溢れ尽きる事なき血を。  黒い外套の下の、旧時代の者と思われる戦闘服の上下は以前と変わらない。  風祈は、風一族に伝わる巫女装束に手甲。  純白の衣に浅葱色の袴が、うっすら輝きを放っている。  背には“欠けた月”が、少女の背を守る様に負われている。  白と黒。  紅と浅葱。  姉と妹。  お互い、構えない。  今、あなたは泣いているの?  笑っているの?  解らない。  感じられない。  死人か、さもなくば現象か。  “血の呪い”、いや禍という名の。  すっと、目を閉じる。  瞑目。  想い、そして目を開く。  断ち切ったのか。  それとも。  風祈の、この行動が読んだのか。  風鳴の唇が動いた。 「この者は、強い」  風鳴の口から、彼女の者でない声が放たれる。 「糧となる兵はいくらでもいたというのに、とうとう一滴も口に付けなかった。このまま耐えれば、飢えて果てるであろう」  一歩。 「そうはさせぬがな」  闇がゆらりと動いた。  また一歩。  呼応するかのように風も強く、また強く。  いつの間にか黒雲が天を覆っている。  今にも泣き、叫び出しそうだ。  風鳴が、“血の呪い”が陽光を厭い、呼び寄せたとでもいうのか。  光なき地、人型の漆黒を前にして、風祈もまた一歩。  静かな、確固たる足取り。  ぶれず、反らさず。  お互い、僅かな音すら立てない。  ぽつり。  一滴が、大地に落ちて、跡が消える。  降り出せば早く、意に介さぬと言わんばかりの豪雨に化けたところで、姉妹の足取りは止められない。  止まったとすれば、お互いが間合に入った時。  ぴたり。  風祈と風鳴。  手を伸ばせば抱きしめられる。  風鳴と風祈。  手を伸ばせば命を掻き切れる。  雨の世界を切り裂き、肉体は風となり閃く。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません