作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

最近、彼が浮気をしているみたい。 わかるのよ、私には。だって、四年も一緒に住んでるんですもの。 彼のことは私はなんでもよく知ってるわ。 彼の好物はバニラ味のアイス。特に冬になると出てくるお団子みたいなバニラのアイスがお気に入りね。二つあるから、いつだって私と半分こしてくれるの。 彼はサッカーが好きね。私もサッカーが好きよ。ボールを蹴ったり走ったり、楽しいもの。彼とはたまに一緒にサッカーをやるわね。 彼は寂しい時には私に寄り掛かって私の鼻筋を撫でるの。私の鼻筋が美しいものだから、ついつい触っちゃうのかしらね。本音を言うと、ちょっと鬱陶しい時もあるけれど、彼が寂しそうにしていると可愛いから、ついつい甘やかしちゃうの。 でも、そんな彼ったら、最近は雌猫がお気に入りのようでうつつを抜かしているのよ。 後ろに林檎のマークの入った箱を肌身離さず持ち歩いちゃって、それが震える度に嬉しそうな顔をしているの。でも、お目当ての雌猫からじゃない時は、しょんぼりしちゃってるわ。一喜一憂というやつかしら。 私からするといい気味ね。私というものがありながら、そんな雌猫とのやりとりが楽しいだなんて、本当に失礼しちゃう。 だから言ってやったのよ。どこまでも響くこの美声で。 「ワン(日本語訳:私とその人間のどっちが大切なのよ)」って。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません