作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

バタン!! と乱暴に閉められた玄関の音に、俺は顔を上げた。 ……何だろ。ルス、なんか買い物にでも行ったのかな……? 涙でふやけた頭は、まだぼんやりしていた。 それにしては何だか乱暴な音だった気がする。 あいつは普段から、何に対しても丁寧なのに。 それに、外に行くなら、俺に一言声をかけてもおかしくないだろう。 そこまで考えて、ようやく気付く。 ルスは、出て行ったのだと。 背筋が凍り付く。 青ざめる顔で風呂場を飛び出して、部屋を覗く。 さっきとほとんど変わらない部屋。 そこから、ルスと、ルスの荷物だけが無くなっていた。 ……どうして……。 空っぽの部屋を前に、呆然と立ち尽くす。 ルスだけがいない部屋をただ眺める俺の、視界の端に、見慣れない赤色が掠めた。 風呂場の手前の通路、その壁に。 血痕……? まだ色を変えず、赤いままのそれは、ルスの腰のあたり付いていた。 まさか、強盗……? いや、物取りならこんな、ルスとルスの荷物だけが無くなるわけがない。 ……じゃあ……、何だ……? 真新しい血痕。 片足が動かないルス。 杖だって無い。 俺に愛想尽かして出てったんならそれでいい。 でも、もし、そうじゃなかったら……。 そう思うと、俺は体中の血が凍ってしまいそうだった。 手早く服を着て、俺は外に飛び出した。 日はもう暮れかけて、あちこちの街灯に火が入り始めている。 辺りを駆け回って、ルスの姿を、何かの痕跡を探る。 走って走って、何の手がかりも見つからない事に、焦りが隠しきれなくなった頃。 角を曲がったところで、金色の青年に、小柄な男が長い黒髪を揺らして付き従う姿が見えた。 「あっ、お前ら! いいとこにっ!!」 呼び止めれば、二人は振り返った。 「レインズさん。どうしたんですか? そんなに慌てて」 柔らかく問いかけてきた青年に、俺は上がった息を整えながら答える。 「お前ら、ルストック見なかったか?」 「隊長なら、少し前まで、ロッソに何か尋ねていましたよ」 「ロッソに……?」 俺が、首を傾げて小柄な従者を見れば、ロッソはいつもと変わらぬ半眼で答える。 「貴方が酔い潰れた日の話を、させていただきました」 「………………何でだよ……」 げんなりと吐き出した俺の言葉に、ロッソはそこまでは分からないという身振りをする。 って事は、ルスの方からその話を聞かせてくれって言ったって事か?? 一体、何のために……。 「隊長に、何かあったんですか?」 心配そうにするリンデルに、俺は手を振る。 「いや、何でもねーんだ。ありがとなっ」 「……迷子でしょうか」 リンデルにそっと囁くロッソに「誰が迷子だ!」と叫んで、俺はまた駆け出した。 良かった……。ルスは自分で出てったみたいだ。 ……自分で……。 俺は、二人から俺の姿が見えなくなったあたりで、足を止める。 ぽたり。と足元に雫が落ちた。 そっか、俺、捨てられたんだ……。 ああ、でも。 ルスが事件に巻き込まれたりしてなくて、良かった……。 悲しみよりも、安堵の方が大きくて、俺は苦笑する。 やっぱり俺は、ルスが元気なら、それで良いんだな。 ルスが笑ってくれてれば、それで……。 けれど、胸に浮かんだルスの笑顔は、どこか遠かった。 今日も昨日も隣にいたはずの、ルスの笑顔が思い出せない。 蘇るのは、記憶を失う前のルスの姿ばかりだった。 俺は焦った。 だっておかしいだろ? 今日も一緒に、出かけたのに。 隣で一緒に、歩いて、話して……。 ルスは何て言っていた? ……思い出せない。 確か俺は……、昔……、学生の頃にルスと一緒にこの川辺を歩いたな、なんて事を思い出していて……。 まさか……。 俺は、今日……、ルスを、見ていなかった……? じゃあ、……ルスは? あいつは、隣にいる奴を無視するなんて、そんな失礼な事するような奴じゃない。 ルスはきっと、俺を見てた。 ルスは、見てたんだ。 ルスを見ない、俺のことを、今日一日、ずっと……。 ぞくり、背筋を伝ったのは、恐怖だった。 どんな気持ちだったかなんて、そんなの、彼女に笑いかけるルスをずっと見てた、俺が、分からないはずがなかった。 ……なんて、事を……。 俺はなんて残酷な事を、ルスにしていたんだろう。 こんな俺を、ルスが好きになってくれるはずなんて、無い。 ……振られて、当然だよな……。 悔しさと不甲斐なさに強く強く握り込んでいた手が、ズキンと痛む。 じわりと手を開けば、そこには赤い色が滲んでいた。 ……あの、風呂場の手前についていた、赤色。 あれは、まさか、ルスの悔しさだったんじゃないか……? 俺はようやく、ルスの気持ちにほんの少し気が付いた。 ……ど。どうしよう……、どうしたらいい……? 俺が、ルスを傷付けた。 俺が後ろばかり見てたから……。 と、とりあえず、ルスの家に行こう。 そんで、謝って、ルスの手を……――。 その時、川を挟んだ向こうで、細い路地裏に消えてゆく、茶色がかった黒髪が見えた。 見知らぬ男とともに。 ほんの一瞬の光景、後ろ姿だけだったが、俺がルスを見間違うはずなんてない。 俺は全力で駆け出していた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません