作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

うああああ、何で俺の髪撫でてんだよぉぉぉぉ。 あああルスの手あったけぇぇぇぇ。 すげえ頭ふわふわするぅぅぅぅ。 「レイ……、大丈夫か?」 あっやべ。ぼーっとしてた。 「ヘーキヘーキ、まだまだいけるぜ!」 なるべく元気に答えて、俺は腰を振る。 ズッ……、とルスのものが俺のナカを擦る。 「ぅぁ……」 あああ、すげぇ気持ちイイ……。 ルスのものだと思うと、もうなんか、二度と抜きたくねぇな……。 上がる息に誘われるように、夢中で腰を揺らす。 「あ……、あぁ……、っぅああ……っ、ぁあ……ん……っ」 出しても、入れても、内側に甘い感覚が繰り返し広がる。 「うぁ……くぅ……んっ」 女っていつもこんな気持ちいいのかよ……。 と今までのアレソレを振り返って、いや、そんな事ねぇな。と思う。 多分これは、俺が、ルスのものを入れてるって事そのものに感じてんだろうな。 「っ……」 俺の下で、ルスが小さく息を吐く。熱い熱い息だ。 精悍な顔立ちのルスが、ほんの少し苦しげに、太い眉を寄せている。 小さな瞳がじんわり滲んでいて、頬も赤く染まっている。 乱れた黒髪が額にも頬にもかかって、汗で所々張り付いてる。 すっげぇ色っぽい……。 俺の……俺の身体で、こんなに、感じてくれてんだな……。 胸に喜びが広がると、内側が震える。 「ぅあ、ぁ、あああっ……んっ、あぁっ」 びくりと腰が浮いてしまう。 ルスを愛しく思う度、感度が上がってゆくのが自分でも分かる。 激しい快感に堪えきれず、動きを止めて息を整える。 「あ、……は……はぁ…………っ」 「疲れたか?」 労わるような声とともに、肩をそっと撫でられる。 「いや、大、丈……」 上がった息の合間から何とか答えようとした時、不意にナカを抉られた。 「ぅあぁあっ!?」 不意打ちと驚きに声が上擦る。 「少し代わろう、お前は休んでおけ」 ルスの低い声が、温かい響きで耳に届く。 え、ちょ、ま……。 ぐい、と腰を掴まれ引き寄せられる。 「ぁああっ!」 下からルスがズンズン腰を突き上げる。 「や、あっ、まっ……っ!」 その上俺の腰をでっかい両手で掴んで揺らしてくる。 「ちょ、まっ、あっ、あああっ、ゃあああああんんっっ!」 なに、こ……れ……、うぁ、きもち、い……っ。 「ルス、ま……っ、あぁあっっ、まてっ……て……っっんんんっ」 やべ……な……んか、来そ……ぅ。 「イクぞ。……いいか?」 ルスの低い声が、少し掠れていて、すげぇ色っぽい。 え、ちょ、待て、イクって、このま、ま……? ぐん、とルスのものが深く俺を貫く。 「あぁああああぁっっ!」 甘く痺れるような快感が、いっぱいに広がって、もうはち切れそうだ。 ルスはぐいぐいと奥を穿ちながら、俺の腰をそれに合わせて振る。 「あぁあっ、やぁあぁっ、まっ、ルス、うぁ、あぁああぁっっんんんんっ」 揺れに合わせて、立ち上がりきった俺のものがルスの硬い腹に当たる。 ぽたぽたと先走ったものが落ちて、その上から、俺の口から飲み込みきれなかった雫が落ちる。 口を開いていても、どんどん息が苦しくなる。 も、息、吸えね……っ。 俺は揺さぶられる度にあられもない声をあげて、あまりの快感にどうしようもなく身を捩った。 一瞬、どくりと脈打つようにして、ルスのものが俺の中で怒張する。 みちみちと音がしそうな程に内側を広げられた途端、俺の内側が勝手に収縮を始めた。 そこをさらに、ルスのものが強引に擦り上げる。 「っぁっっっっ!! ぅぁぁあああああぁぁぁあっっっ!!」 途端、奥に熱いものが叩きつけられる。 あ……ルスの、が、俺ん中……っ。 熱くて、すげぇ、気持ちい……っっっ。 「っ……」 ルスが小さく声を漏らす。 俺は、止まらない快感にただ嬌声を上げ続けていた。 ビクビクと体が勝手に跳ねる。 目の前がチカチカして、ルスの顔がよく見えない。 なん、だ、これ、っっ怖ぇ。 「ゃ、ぁっっっ、ぁぁっ、なん、これ、止まら、なっっっっっぅあぁぁぁっっ!!」 腹の奥がぎゅうぎゅういって、身体中の血が集まる。頭の中が、真っ白になりそうだ。 俺の前からも、勝手にビュクビュクと白い物が吐き出される。 「ふ、ぁ……ルス……っっ」 必死で伸ばした手に、ルスは自分の頬を寄せて、口付けた。 ルスも眉を寄せて、苦しそうな顔をしてた。 「大丈夫だ」 そっと囁かれて、俺はホッとした。 酷い快感の渦がほんの少し遠のく。 でもまだ甘い感覚が何度も何度も俺の奥で響く。 ルスは俺の肩を引き寄せて、俺を胸に抱いた。 「ぅ、く……んんんっ」 まだ奥がビクビクしてる……。腰が時折勝手に跳ねてしまう。 ああ、そうか、俺……、ナカでイったのか……。 「っ……、ん…………っっ」 快感に、何度も何度も息が詰まる。酸素が足りなくて、頭がぼうっとする。 「レイ、大丈夫か?」 分厚い手が俺の頭を引き寄せる。 口付けられて、そっと空気を送り込まれた。 「ぁ……」 ゆっくり離された唇が、寂しい。 「ルス……、離さない、で、くれよ……」 「まだ繋がってるだろ?」 ルスがその小さな瞳で優しく微笑む。 温かい手が、俺の背を、肩を、優しく撫でている。 ああ……、そうか。そうだな。俺はルスを身体の内側で感じながら、ルスの胸元で目を閉じる。 「ゆっくり息を吐いて、それから吸え」 囁かれて、その通りにする。手足の先から痺れが消える。 どくどくと脈打つ快感は、少しずつ遠ざかっていた。 代わりに、急激な疲労感と多幸感に包まれて、……うう、めちゃくちゃ眠い。 「ルス……、俺、寝そう……」 「ん、このまま寝れば……。いや、お前、俺のを出さなくていいのか?」 「あー……。出さなゃだよなぁ……。……でも俺、ルスの、出したくねぇな……」 「馬鹿なこと言ってる場合か。体に悪いだろう」 「悪いかぁ……? あー……、そーいや、出さねぇと腹下すって、聞いたことあんな……」 「お前は……一体どこでそんな情報を仕入れるんだ」 ルスの呆れたような声。 でも、ルスの手はまだ、俺を優しく撫でてる。 ルスの手……あったけぇな……。 ルスの手が通った後が、頭も、肩も、なんかふわふわしてすげぇ気持ちいい……。 あー……。 やっぱダメだわ。俺……、目……開かねぇもん……。 「レイ? おい、レイ! ……寝てしまったのか?」 ルスの声が遠く聞こえる。 ごめんな。 ちょっと……寝かして、もらうな……。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません