作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

っっっ、可愛いだろ!? あああやっぱりルスは、真っ直ぐで可愛くて、男前なんだよなぁ……。 普通、もうちょっと躊躇うだろ? 覚悟が早いんだよなぁ。 俺はルスの男気を噛み締めながらも、下衣を下ろしたままのルスの太ももを撫で回す。 その間にシャツの前ボタンを片手で外してゆく。 「お前……器用だな」 ぽつりと呟かれて、苦笑する。 「まあ、お前よりは回数こなしてるからな」 言われて、ルスがちょっとだけムッとした顔になる。 ……何だそれ、何にムッとしたんだ? え、何、妬いてるわけ? いや、まさか、違うよな? 回数自慢みたいに取っただけか……? 考えながらも前を開いたシャツの隙間から手を差し入れる。 胸元をゆっくり撫でると、酒のせいか汗ばんだ肌が吸い付くようだった。 毎日の鍛錬で、むっちりと筋肉が隆起した肌。胸の谷間がくっきり見えれば、何だかそれだけでドキドキしてしまう。 広く厚い胸筋をクルクルと円を描くように撫でると、次第に小さな突起が指先に引っかかる。 「っ……」 びくりとルスが肩を揺らす。 それを合図に、俺はルスのシャツを大きく開くと、立ち上がり始めている小さな突起に唇を寄せる。 周囲をくるりと舐め上げて、その突起を舌先で転がせば、ルスが小さく息を吐く。 自分の足をルスの太ももの間に差し込んで、ぐいと押し付ければ、そこには確かに硬くなりつつある感触があった。 心が弾む。 ルスが俺の愛撫に反応してくれる事が、俺は純粋に嬉しかった。 片手でルスの胸を刺激しながら、もう片方の胸を舌で撫で、腕を伸ばしてルスの立ち上がったそれを擦る。 脱がしかけていた下着を膝のあたりまで下ろすと、ルスは大人しくそれを自分で脱ぎ去った。 不意に胸元を撫でられて、俺はびくりと腰を浮かした。 顔を上げて見れば、ルスは、まだちょっとムッとした顔で俺を見ていた。 「俺ばかり撫でられていては、不公平だろう」 「何だよ、それ」 俺は思わず苦笑する。 「お前も脱げ」 「えー、脱がしてくんねーの?」 「すまんが、お前の服は何がどうなってるのか分からん」 正直に謝られて、俺はもう一度苦笑する。 けれど胸の中はホッとした気持ちでいっぱいだった。 ルスが、変わらない様子で接してくれるのが嬉しかった。 確かに、今日の俺の服はベストが脇で隠しフックになってるもんな。 服に無頓着なルスが脱がせられるような服じゃねーか。 納得しながら、俺はベストを脱いだ。 すると、ルスが両手を伸ばして俺のシャツのボタンを外してくる。 見た目重視の小さな薄い貝のボタンに、ごつい手が苦戦する様が、たまらなく嬉しい。 これ、俺のために脱がしてくれてんだよな? 「あんまり嬉しそうな顔をするな……」 困ったように、太い眉が寄せられる。 「いや無理無理、もう俺、これ以上顔引き締まんねーから」 「どこも引き締まってないじゃないか」 「お前が可愛過ぎるんだよ」 言われて、男が黒髪をベッドに擦りながら首を傾げる。 まるで身に覚えがないというような表情に、俺は苦笑した。 まあ、確かにこの一見して筋骨隆々としたオールバックの四十歳の男を、可愛いというやつはまずいないだろう。 だが俺は、こいつがまだ幼い頃の、サラサラと黒髪を揺らしていた時期を知っているし、そうでなくても、仕草がいちいち可愛い。 真っ直ぐで真面目そうな眉が可愛い。 小さな黒い瞳が可愛い。 笑顔も、驚いた時のキョトンとした顔も、たまらなく可愛い。 「よし、全部外せたぞ」 苦戦していたボタンを外し終えて、満足そうな笑顔でルスが言う。 「よし、じゃねーよ。もうちょいムードってもんがあるだろ」 そう返しながらも、俺はその笑顔に見惚れていた。 「そうか、それは失礼」 ルスは素直に謝って、俺に口付ける。 え、まじで? 俺に、お前から、キスしてくれるとか、どんな夢だよ!! うう、心臓がぎゅうぎゅうなりすぎて、もう痛くなってきた……。 分厚い手のひらが、俺の後頭部を撫でる。 温かくて優しい感触に息が詰まりそうになる。 そのまま、ルスの手は俺の頭を引き寄せた。 ルスは角度を変えて、俺の口内へと舌を挿し入れてくる。 「っ……」 俺は、口を開いて必死でそれに応えた。 こいつ、舌まであったかいな……。 体温が俺より高いのか……? ぬるりとした舌は分厚く、大きくて、俺の口内をいっぱいにする。 「ん……っ、ぅ……」 ゆっくりと歯列をなぞられて、ルスの舌が、俺の中を全て確かめるように撫で回す。 頭の奥がじんと痺れてクラクラする。 身体中から、力が抜けてしまいそうだ。 「っ……、……んっ」 息が苦しい。でもルスを離したくない。 息って、いつもどうやって、吸ってたっけ? 俺が混乱していると、気付いたルスが唇を離した。 「おい、レイ、落ち着け。ゆっくり吐いて、それから息を吸え」 どうやら、俺はずっと息を止めていたらしい。 言われた通りに息をすると、ようやく新鮮な空気を取り入れた肺が軋んだ。 「……大丈夫か? 唇が紫色だったぞ」 「今は……?」 「大分戻ってきた」 「はは……。ダメだわ。俺、お前が相手だと、なんかもう、息すんのすら忘れちまうな……」 俺が力なく笑うと、ルスは小さく息を詰めた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません