作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「っ、お前……」 戸惑う眼差しが俺に降る。俺は笑って答えた。 「ベッドまで来といて、何もないなんてありえないだろ?」 「俺は、そんなつもりじゃ……」 ルスが、その実直そうな眉を八の字に寄せる。 あー……、ルスは困った顔も可愛いな……。 「お前はそんなつもりなくても、俺にはあるんだよ」 俺はそう言ってもう一度口付ける。今度はもっと、深く。 ルスは俺の求めに応えてその口を開いてくれた。 え、っと、俺、入れていいんだよな? そろりと舌を挿し入れれば、ルスの口の中は、やっぱりあったかかった。 おずおずと侵入した俺を、ルスはその分厚い舌で迎え入れてくれる。 ぅあ……気持ちいいな……。 俺の舌に、ぬるりと絡んでくるルスの舌が、めちゃくちゃ気持ちいい。 伸ばした腕の先、触れていたルスのものが、手の中で硬度を増すのを感じて、俺は手を動かす。 ほんの何度か擦るだけで、それは立派に立ち上がった。 俺が唇を離せば、ルスはほんの少し名残惜しそうに俺を見つめた。 何だその物欲しそうな顔……。 お前のそんな顔、初めて見たよ。 「お前、歳の割には元気だよな」 俺が笑ってこぼせば、ルスも笑って答える。 「俺はまだまだ若いつもりだ」 「……ルスのそういうとこ、俺好きだわ」 ぽろりとこぼした俺の言葉に、ルスは嬉しそうに目を細めた。 なんっ……。……お、お前……。俺に好きだって言われて、嬉しいのか!? 「ありがとう」 ふわりとルスが微笑む。カーテン越しに明るい朝日の差し込む室内で、ほんの少し照れるように、それでも嬉しそうに微笑むルスは天使のようだった。 うぁぁぁぁ、ダメだ、もう、俺の旦那が可愛過ぎる……。 俺は真っ赤な顔を隠すように、身を屈め、ルスの服へ両手をかける。 ずるり、と下着を下衣と一緒に下ろせば、ルスが慌てる。 「待て、お前はまだ……」 気遣う言葉に、明るく返す。 「心配すんなよ、後ろは使わねーからさ」 俺の言葉にルスがホッとした気配が伝わる。 可愛い奴だと思う俺の目の前には、ちっとも可愛くないサイズのモノがそそり立っていた。 これが、昨日は俺のナカに全部入ってたのかと思うと……。 ごくりと唾を飲めば、背をぞくぞくと熱いものが上がる。 これを入れて欲しい。そう思う自分に驚く。 そんな感情、昨日まで知らなかった。 熱いそれを両手で包み込みながら思う。 ルスは俺に、入れたいと思ってんのかな……。 さっきのルスの、欲を映した黒い瞳が眼裏を過ぎる。 ……そうだよな。そういう、事だよな……。 両手で大切に扱けば、ルスの先端からトロリと蜜が滲む。 何となく、美味しそうな気がしてそれを舐めた。 「っ……」 びくりと、ルスが小さく震える。 その反応が嬉しくて、俺はそれを口に含んだ。 舌でくびれをなそれば、口の中のルスが小さくのけぞる。 伝う唾液でぬるりと指が滑る。それと共に頭を揺らせば、ルスから小さく息が漏れた。 感じてるんだ。そう思うと、胸がじんと熱くなる。 気付けば俺は夢中で頭を振っていた。 ルスの息が、少しずつ上がってゆく、それが俺にはたまらなく嬉しかった。 「っ……レイ……っ」 掠れた声で呼ばれて、俺は顔を上げる。 頬をほんのり赤くしたルスが、ほんの少し潤んだ瞳で、俺を見つめている。 「苦しくは、ないか? 頭は……痛まないか?」 「そんなの気にすんなよ、お前は素直に感じとけ」 俺の返事に、それでも生真面目なルスが「しかし……」と返す。 頬を染めた顔で、そんな風にもじもじされると、なんかもう、たまんねぇな。 ……昔から。 ずっとずっと前から、こんなルスが、こんな清純そうなルスが、もし俺の下で乱れたら、どんな顔をするだろうかと思っていた。 でも昨夜、やっと思いを受け入れてもらって、初めてひとつになった俺達は、俺の方が抱かれる側で、乱されたのは俺だけだった。 ルスが『俺の嫁』だと言ってくれたのは本当に嬉しかった。 けど……、だけどさ……。 「あのさ……。俺……お前に入れたいんだけど……」 俺の絞り出した本心に、ルスは目を見開いた。 「そう、か……」 「やっぱダメか?」 「……いや、ダメだと、言う理由は無い」 遠回しな言葉に、俺は尋ねる。 「怖いか?」 ルスは暫し沈黙して、それから、意を決したように俺を見て言った。 「…… そうだな、昨夜は俺が入れたのだからな、対等な関係に不平等があるのは良くないだろう」 ……いや、そういうもんか? 多分、世の中的にはそうじゃないと思うんだが、ここは黙っておこう。 何せ、真面目なルスが、真面目に騎士道における平等を考えた結果、俺に抱かれようと決意してくれたんだから。 ――……って、まじで!? えっ、まじで俺、これからルスが抱けるわけ!? うわー!! うわーーーーー!!!! 「……だから、お前が赤くなるな」 俺は、ニヤつく顔を抑えきれずに顔を覆……おうとした両手は自分の唾液でベタベタだった。 「レイ、顔が緩んでるぞ」 ルスの半眼が、それでも優しい。 「いやだって、……すげえ嬉しい……。俺の、夢だったからさ」 胸がいっぱいで、俺の言葉は小さく震えていた。 「……そうか。それなら、俺も精一杯応えよう」 ルスはそう言って、俺の頭を撫でると、優しく微笑んだ。 あああああくそ真面目男前ぇぇぇぇ!!! そうと決まれば、俺はルスを連れて風呂場へ向かう。 排便について尋ねれば「朝食はまだだが、水も飲んだし出せるだろう」と頼もしい返事で、毎朝快便らしいルスがするりと自主排便してくれた。 それなら後は、洗ってやるだけだな。 あ。でもそろそろ起きて結構経ったし、腹減ってねぇかな? でも食べてすぐじゃ動きにくいしな……。 悩む俺に、ルスは「してから食べよう。俺が作ってもいいし、何か買ってくるでもいい」と優しく答えた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません