作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

はだけたシャツの胸元へ手を突っ込むと、俺より随分薄い胸板があった。筋肉も付いてはいるが、俺ほどの盛り上がりのない胸をそっと撫でる。 「ん、ぅ……」 俺の口内でレイのくぐもった声が漏れる。 胸を撫でられただけで、感じてるのか? 俺は苦笑を堪えつつ、レイがしてくれたように、胸を弄った。 「んっ、……んんんっ」 敏感な突起は既に立ち上がりかけていて、それに触れればレイはビクリと腰を揺らした。 こいつ、どんな声を上げるんだろうな。 なんとなく、声が聞いてみたくなって、レイの口を塞いでいた唇を離す。 レイは真っ赤な顔で、とろんと蕩けそうな瞳で、うっとりと俺を見つめていた。 口付けひとつで蕩けるほどに、そんなに俺の事が好きなのかと思うと、何だか少し愛しく思う。 こいつの上に覆い被さりたいところだが、片足が動かないのでは難しいしな……。 俺は、レイの肩を掴むとぐいと隣に寝かせた。 レイはちょっと驚いた顔をしたが、まだうっとりと俺の顔を見つめている。 そういやこいつは、昔から、振り返れば必ず目が合うやつだったな。 そんなにずっと、俺ばかりを見てたんだろうか……。 くすぐったい気持ちと喜びが、胸に溢れる。 俺は向き合う形で横になったレイの首筋へ、まだ銀糸を引く唇でそっと口付ける。 「あ……」 小さく震えたレイから素直に漏れた小さな声に、俺の背を熱い物が上がる。 そのまま首筋に舌を這わせると、レイはまた震えるような声を漏らした。 「んっ、……う、あぁ……」 こいつ、今はちょっと酒臭くはあるが、それでもやっぱり、いい匂いがするよな……。 レインズは昔から、花のような香りをさせていた。 それは甲冑を纏うようになっても変わらなかった。 汗と甲冑の臭いが混ざった、そんな男臭い連中の中で、何故かいつもレインズだけは、ふわりと花のような香りを纏っていた。 気になって尋ねたら、使ってる石鹸だとか化粧品が、男臭い俺達とは違うんだと言っていたな……。 俺は、そんな事を思い出しながら、良い香りを漂わせるその首筋を丁寧に舐め上げる。 「ぅ、く……ぅん……」 耳元で小さく漏れるレイの声は、何だかたまらない気分にさせた。 入れたい。そう思ってから、しばし考える。 「なあ、下はどうしたらいいんだ?」 尋ねると、レイは半分蕩けた顔で苦笑した。 「じゃあ、俺支度して来るから、……待っててくれよ?」 と言い残すと、ふらふらした足取りで風呂場へ向かう。 まるで、俺が帰ってしまうんじゃないかと心配しているような口ぶりが、俺には少し不服だった。 心配しなくても、俺はそんな不義理なことをするつもりはない。 付き合うと言ったんだから、最後まで居るに決まってるじゃないか。 あいつが不安がる理由は何だ? いつもの、余裕綽々で優雅ささえ感じるあいつと、今日の余裕なく泣き縋るあいつはあまりにかけ離れていた。 今まで、あいつが余裕を無くした顔を見たのはどれほどあっただろうか。 今日、俺の足が動かないと知った時。 その前は……ああ、蟻の巣まで俺を取り返しに来てくれた時も、ずいぶん余裕のない顔をしていたな。 その前は……。……そうか、俺の結婚式で泣いてたのも、好きな奴が出来たと伝えた時に泣いていたのも、あれは、悲しかったんだな……。 なんだ、結局レイが余裕を失ってるのは全部、俺絡みの事ばかりじゃないか。 俺は小さく苦笑する。気付けなかった悔しさに、胸が少しだけ苦しくなった。 しかし、そうなると、俺が付き合い出してから、結婚して、彼女と子を失うまで、十年もの間。レイは自分の気持ちに蓋をして、俺に笑いかけてくれてたのか。 俺は、あいつの気持ちに気付かないまま、デートの相談やら、プレゼントの相談やら、本当に何でも尋ねてしまった。 それなのに、あいつは嫌な顔ひとつせず、いつも良いアドバイスをくれて、服まで一緒に買いに行ってくれて。 『似合ってるぞ、ルス。これなら彼女も惚れ直すんじゃないか?』 なんて、一体……どんな気持ちで口にしてたんだろうか。 あいつがどれほどの無理をして、俺を大事にしてくれていたのか、それに気付く度に、俺は胸が締め付けられた。 子ができたと伝えたら、誰より喜んでくれた。 親兄弟のいない俺にとって、レイはかけがえの無い存在だった。 妻の妊娠中も、気の回らない俺に代わって、あれこれと差し入れをしてくれて。 子が生まれれば、まるで自分の子の様に可愛がってくれた。 ずっと、本当の気持ちを隠し続けて。 どれほど胸を痛めていたんだろう。 それほどの辛さを話してもらえなかった事は、親友として悔しくもあるが、あいつにとって俺は、ずっとずっと、親友ではなかったんだろう。 そうか。あいつはきっと、ずっと怖かったんだ。 俺に気持ちを隠している事は、俺を騙している事と同じだったから。 良かれと思ってしていても、やはり罪悪感があったのだろう。 さっきの、レイの悲しみと絶望に染まった顔が胸に蘇る。 『っ違う! 違うんだ! 俺は、お前を騙してたわけじゃなくて……』 悲痛な叫びは、まるで血を吐くようで、青い瞳は今にも壊れてしまいそうだった。 あいつはそれきり、何も言えなくなって、俯いて泣いていた。 肩を震わせて泣くあいつが酷く小さく見えて、何とか慰めてやりたくて、俺はあいつを胸に抱いた。 あいつは罪悪感に苛まれている。 もしかして、俺を好きになってしまった事を、俺に対して申し訳なく思っているのだろうか……? だとしたら、せめて、お前が恥じることは何もないと、俺はお前に愛されて嬉しいと、伝えた方が良いな。 ……また、読みが甘いと言われてしまうかも知れないが。 俺がじわりと口端を上げると、部屋の扉が開いた。 チラと壁にかかる時計を見上げれば、時間はまだ真夜中というほどでもない。 夜はまだまだ続きそうだ。 今夜はゆっくり、レイの本当の心を暴いていくとしよう。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません