世界計算資源の最適化計画
SF 全3話 完結済み
「AIが人の仕事を奪う」と言われてから数十年、AIは当時の人々が夢見たような汎用性を確保し、人間と区別がつかない精巧なロボットに組み込まれて…… といった進化を遂げる事は無く、社会の隅々まであらゆる種類の機能特化AIが浸透し、人の仕事を肩代わりするようになっていた。結局人間は従来の仕事を奪われてしまったものの、AIが氾濫したこの社会ならではの問題が生まれた事により、新たな仕事を獲得するのだった。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500
よしあき 2020/12/11 06:24

つこさん。様 お読みいただきありがとうございます!!

つこさん。 2020/12/10 11:06

さーっすがよしあきさん