ダービーへの執念
ミステリー 全10話 完結済み 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
JRAの年に1度の祭典である有馬記念において、前年のダービー馬であるクレイメルタは不可解な落馬事故を起こす。この事故により、クレイメルタは予後不良となり、鞍上の騎手も意識不明の重体に陥る。  競馬界全体が悲しいムードに包まれる中、競馬新聞の記者である柴村俊樹は、クレイメルタのヒストリーについて取材するうち、ある重大な事実に気が付く。  競馬をテーマにした中編ミステリー。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません