ソラとカナタ
SF 全9話 連載中 第1回ステキブンゲイ大賞応募作
150年ほど前、とある事故で封鎖になった地域の端に位置する閉鎖的なドーム。マスターを亡くして引き取られた犬型ロボット・ソラは、その施設で働く少年の姿をした人型の元救助ロボット・カナタと出会う。 世界は統一され、人々が百歳を超える寿命を手に入れて一見平穏な社会を築いているが、情報は巧みに操作されている。 ドームも心を持つロボットも隠された存在である。 助けに呼ばれない救助ロボットと、可愛がる人のいない愛玩ロボットのお話。 閲覧ありがとうございます。 ※なお物語の場所は架空の場所です。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次