春香伝異聞
0
0
ステキユーザー レビュワー ステキ作家
歴史・時代 全38話 連載中
朝鮮古典「春香伝」オマージュ。 時は、朝鮮王朝中期。 貴族階級である両班の子息、夢龍(ムリュウ)は、科挙に合格するため、内侍(宦官)の京成(キョウセイ)に、取り入る。 夢龍は、壮元(主席)で合格し、官吏への道を歩むことになる。 京成は、夢龍に、王直属の密使、 暗行御史(アメンオサ)の職を勧めた。 王国中部、南原で、長官の職につく甥が不正を行って居ないか確かめて欲しいと、言うが、つまりは、私欲に走っている甥を見逃せと言うことだった。 暗行御史(アメンオサ)のお墨付きがあれば、甥の罪は、無いものになるからだ。 仕方なく南原へ、向かう夢龍だったが、春香(シュンコウ)と名乗る謎の女と出逢う。 幼い頃、父親の赴任に共して、この地にやって来た事を思い出した夢龍は、春香と、出会っていることに気がつくが……。 人名、役職、地名などは、分かりやすくするため、略式で。そして、あえて、日本語読みにしております。 ご了承ください。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません