嫌なことを忘れるころには何もかも忘れている。嫌なことは忘れるのではなく、どうでもいいことに変換すべきである。
純文学 全1話 完結済み
109

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません