みらいロボットの夢
エピソード2 第3話 石川邸

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

   石川氏の死因が、多臓器不全と正式に発表されたのは、 死後1週間経ってのことだった。 死因に不審な点がなかったことから、検死にはまわされなかったという。 テクノロイズムの社長秘書、東元智哉ひがしもとともやが、 代表取締役専務に就任することが決定した矢先、 今川は、S県の郊外に建つ石川氏が、 別荘として使用していたという一軒家に招かれた。 別荘にいたのは、東元智哉ただ1人で、 石川氏のいわゆる、取り巻きたちの姿はなかった。 「本日は、お招きありがとうございます」    今川は、手土産に購入したワインを手渡した。 「どうぞおかけください」    東元は、今川を応接間に案内すると、ソファに座るよう勧めた。 今川はさりげなく、部屋の中を見渡しながら、 何だか落ち着かないと感じた。 別荘として使用されていたせいか生活感がない。 まるで、新築のモデルルームに来た感じだ。 「おひとりとは、めずらしいですね」    今川がさりげなく言うと、東元は苦笑いした。   「ここに来るまで、道に迷いませんでしたか? 」    東元が、コーヒーを淹れながら訊ねた。 「おかげさまで、東元さんが手配くださったタクシーに乗り、 何とか、ここまでたどり着くことが出来ました」    今川が穏やかに答えた。   「そうですか。この辺の道はわかりにくいですから、 自力で来ようとすると、必ず道に迷うんです」    東元が告げた。   「ところで、私、1人で来るよう おっしゃったわけは何ですか? 」    今川は、コーヒーを一口飲むと訊ねた。  磯屋は来たがったが、招待を受けたのは、 今川だけだったことから、 さすがに、同行させられなかった。 「実は、相談したいことがありまして。 他の方には聞かれたくない話でしたので‥‥ 」    東元が上目遣いで言った。 (他の人間には聞かれたくない相談とは、何だろう?  )  東元から、相談を受けるのは初めてだ。 そこまで、信頼されているとは、正直、思わなかった。 「東元さんみたいな優秀な方から相談を受けるとは、 上手く答えられるか緊張するなあ~。 私に答えられる内容であると良いのですが‥ 」    今川が言った。   「今川さん。あなたにしか出来ないことなんです」     東元が意を決したように告げた。 「私にしか出来ないこととは、いったい、何でしょうか? 」    今川は一瞬、たじろいだ。  その後、しばらくの間、沈黙が続いた。 今川は、コーヒーを飲みながら何気なく窓の外を見た。 庭には、樹木や花は何も植えられておらず、見事に殺風景だ。 多忙なクリエーターには庭を眺めながら、 優雅に過ごす時間はなかったと思った。 「あの。よろしければ、石川氏を発見した時の状況を 話していただけませんか? 」    今川が訊ねた。  決して、好奇心だけじゃない。 今川は、生前、世話になった恩人の最期を知ることで、 自分のきもちに整理をつけたかったのだ。 「かまいませんよ。 警察に話した内容と同じで良ければ、お話ししましょう」    東元が快諾した。    2035年の2月5日、深夜2時。 東元智哉は、セキュリティ会社から、 石川氏の生存が確認出来ないとの連絡を受けた。 電話もつながらないことから、 石川氏の身に何かあったと思い、車を飛ばして、 自宅に駆けつけて、合い鍵を使い家の中に入った。 廊下や階段の電気がつかなかったことから、ブレイカーを確認した。 すると、全部屋のブレイカーが落ちていた。 ブレイカーを復旧させた後、石川氏の寝室へ向かった。 寝室のドアをノックして、 中にいるはずの石川氏に呼びかけたが、 返事がなかったため、合い鍵で寝室の中に入った。 寝室の中は真っ暗だった。 電気をつけてベッドのある方を見ると、 石川氏が、ベッドの脇に倒れているのが見えた。 あわてて駆け寄ると、石川氏は心拍停止状態だった。 石川氏から、まんがいち、自分の身に何かあった場合は、 ここに連絡して欲しいと渡されていた名刺のことを思い出して、 名刺に書かれた電話番号に連絡した。 ところが、呼び出し音がむなしく、鳴り響くだけで、 誰も電話に出る気配がなかったため、 10コール目で電話を切った。  その直後、名刺に記載されていた研究所から折り返し電話が来て、 系列の病院へ石川氏の遺体を運ぶよう指示があった。 それから数分後、送迎車が、自宅前に到着。 指定先の病院へ到着すると、医療スタッフが待機しており、 すみやかに、石川氏の遺体は、特別室へと担ぎ込まれた。 東元は、担当刑事に石川氏の遺体を発見した時の状況をくわしく話したが、 事件性がないということから、病死と判断された。 東元は、銀行の金庫に保管されていた石川氏の遺言書を受け取った後、 弁護士立ちあいのもと、開封して内容を確認した。  遺言書には、 「葬儀は不要。遺灰を、生前、購入した宇宙空間にある墓に送ること。 諸手続きは、社長秘書の東元智哉に一任する」と書いてあった。  遺言に従い、諸手続きを進めた。 遺産目録にあった石川氏の自宅や別荘は、 正式な遺産相続人不在により、都に寄付されることになった。 「ご相談というのは、この件なんですが‥‥ 」    東元が、ノートパソコンをテーブルの上に置くと話を切り出した。 「なるほど、パソコンですか‥ 」  今川が言った。 「これなのですが、中身が見られるようにしていただけませんか?  パスワードがわからなくて開けないんです」    東元は、ノート型パソコンのデスクトップを開くと、 ⛎とつけられたフォルダーを指し示した。 「おっしゃる通り、ロックがかかっていますね」    今川は、フォルダーをクリックしてみたが、 やはり、パスワードの入力を求められて開くことが出来ない。 フォルダーについていた⛎も、何なのか気になる。 「社長の手にかかれば、パスワードを解読するなど 朝飯前ではありませんか? 」    東元が上目遣いで言った。 「おまかせください! 」     今川は安請け合いして、 パスワード解読を引き受けた。 (フォルダーの内容も気になるし、会社に持ち帰れば、何とかなるだろう) 「よろしくお願いします」    東元が、ノート型パソコンを両手で差し出すと告げた。 「ところで、どなたのパソコンなんですか? 」    今川が訊ねた。 「石川氏が、私用で使っていたパソコンです」    東元が答えた。  

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません