みらいロボットの夢
エピソード1 第1話 奇妙な行列

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「あれは何だい?  まるで、ハロウィンの仮装行列みたいじゃないか」  若手ロボットクリエーターで、産業ロボットを開発販売している 株式会社ゼウスニア社長、今川空雅いまがわくうがは商談へ向かう途中、 メタリックブルーの全身スーツを身に着けた集団やロボットの着ぐるみを着た集団が、 のぼり旗やプラカードを手に、国会議事堂周辺を行進する光景を目にした。   「メタリックブルーの全身スーツを身に着けた集団は、 電磁波過敏症でんじばかびんしょうの患者とその支援者たちです。 ロボットの着ぐるみを着た集団は、 企業がRPAを導入したことにより、ロボットに仕事を奪われた人たちですよ」    プロジェクトマネージャーの磯屋清太郎いそやせいたろうが淡々と答えた。 「メタリックブルーの全身スーツの素材はなんなんだ? 」    今川が、磯屋に訊ねた。 「彼らが身に着けているのは、電磁波を遮断する導電繊維で織られた シールドメッシュ素材で作られた特殊スーツです。 彼らは、電磁波過敏症を難病指定にするよう国に訴えています」   向かい側に座っていたプログラマーの真浦香美まうらこうみが、 磯屋より先に即答した。  信号が変わり、社用車のベンツが発車した時だった。 今川は、数百メートル先の歩道の一角だけが、 白い光りに包まれていることに気づいた。  目を細めて凝視すると、白い光りを放っていた正体は、 全身白色の服装をした小柄な女性だった。 フードを目深にかぶり、大きなマスクをしていることから 表情までは見えないが、その正体不明の小柄な女性が、 国会議事堂の真上を見上げていることだけはわかった。  突然、その正体不明の小柄な女性が、 今川の方をふり向いたので、今川はとっさに頭を伏せた。 しばらくして、ふり返ってみると、 その正体不明の小柄な女性の姿は消えていた。 今川は、幻を見たかと思い目をこすった。 「社長。どうかされましたか? 」   磯屋が、今川の顔をのぞき込むと訊ねた。 「何でもない」    今川が答えた。 「そういえば、社長。オフィスを出る前、 どなたと電話で、お話しされていたのですか? 」    真浦が、今川に訊ねた。 「電話の相手は、弁護士の宮田さんだ。 ROBO太郎AZの件だが、サイバー攻撃による ボットウィルスの感染が認められて、訴えが取り下げられたそうだ」    今川が答えた。  半年前、都内のとある介護施設で、 ゼウスニアが販売した介護ロボット、 ROBO太郎AZが、利用者の入浴介助を行っていた際、 誤作動を起こして、利用者を床に落とすという事故が起きた。 介護施設側から、事故の原因は、 企業側にあるとして賠償責任を求められた。 事故の報せを受けた今川は、弁護士の到着を待てずに、 自ら、介護施設に出向き検証させてほしいと直談判した。 しかし、施設側は頑として、聞き入れず、 一方的に、訴訟を起こすと言って来たのだ。 「あの顔を2度見なくて良いと思うと、せいせいしますよ」    磯屋が忌々し気に言った。  交渉決裂の後、磯屋は何度も、介護施設に出向いて話し合いを重ねた。 相当なストレスだったらしく、 左側頭部に、百円玉の大きさのハゲを2つもつくった。 「理由はどうあれ、利用者に ケガをさせてしまったことは事実だ。 重く受け止めなければならない」    今川が神妙な面持ちで言った。 「その介護施設ですが、国の補助金目当てに 職員数を水増したことがばれて、 現在、大変なことになっています」   真浦が冷ややかに告げた。 「いい気味ですよ。きっと、我々のことを 追い詰めたばちが当たったに違いない」    磯屋が鼻息荒くして言った。 「ばちが当たったなど、非科学的なことを言うなんて、 おまえらしくないぞ。 補助金の不正受給の件は、今回の件とは無関係だ」    今川が、磯屋をとがめた。 「ところで、なぜまた、 大臣とお会い出来ることになったのですか? 」    磯屋が訊ねた。 「当社の製品に関心を持ってくださったと聞いている。 どうやら、佐目教授が、当社の事業に 携わっていることをご存じのようだ」    今川が穏やかに答えた。  佐目教授とは、 T大学のロボット研究室に籍を置く一方、 ゼウスニアの相談役兼ロボット設計技術責任者を務める 佐目小五郎のことだ。  多忙な農林水産省の大臣が、 無名のベンチャー企業の製品のことまで 知っているとは思えない。 国相手に仕事をする機会を得られたのも、 佐目教授の知名度のおかげというわけだ。  

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません