みらいロボットの夢
エピソード2 第1話 イニシアチブ

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

  会社に戻ると、スタッフたちが、磯屋の周りに集まっていた。 「おい、何を集まって話している? 」   今川が、入り口付近にいた真浦を捉まえると訊ねた。 「私も今、戻ったばかりなので」    真浦はそう答えると、自分の席に着いた。 「社長。ユニバーサルバイオシンクタンクという 会社から小包が送られて来ました」    磯屋が、今川を見つけると手招きした。 「初めて聞く社名だ。どんな会社かわかるか? 」    今川が、真浦に訊ねた。 「ユニバーサルバイオシンクタンクは、 バイオミメティクスと呼ばれる動物や 植物の行動や生態の研究と開発を行っている製薬会社です。 近年は、宇宙開発事業を展開して 一部上場企業の仲間入りを果たしました」  真浦が、パソコンから顔を上げると答えた。 「これ、サードアイの収録テープじゃないですか?  自分は、このニュース番組が好きで、 毎週欠かさず観ています。せっかくですから観ましょうよ」    磯屋が、小包の中身を開け出した。 添え状がないため、 中身を確認するしかないようだ。 「真浦、頼む」  今川は、サードアイの収録テープを真浦に手渡した。 それから数秒後、オフィスの一角の壁にかけたスクリーンに、 サードアイの映像が映し出された。 「みなさま、こんばんわ。本日は、 スペシャルゲストをお招きしました」    男性アナウンサーヒューマノイドがあいさつをした。 「最初のゲストは、 国際弁護士で、フリーライターの大内望月さんです」    女性アナウンサーヒューマノイドがゲストを紹介した。  男性アナウンサーや女性アナウンサーと並んで座るゲストの顔に、 今川は見覚えがあった。 ジムの前で声をかけて来たUFOおじさんこと、大内望月だった。 「あ、このヒト。さっき、ジムの前で会った人だ!」    今川は思わず、声を上げた。 見知らぬ会社から送られて来た収録テープに、 あやしい人物が登場するとは、何かののろいか? 「大内氏の本業は、弁護士ですが、 最近では、宇宙作家クラブに籍を置くフリーライターとして 活動の幅を広げています。 大内弁護士に会ったなんて、社長、ラッキーじゃないですか」  磯屋が興奮気味に言った。 「宇宙作家ね。 それで、UFO柄の派手なシャツを着ていたわけか‥ 」    今川が苦笑いして言った。 「今回は着ていませんが、以前、UFOの特番に呼ばれた時は着ていました。 何でも、自らプロデュースしたTシャツだとか。 商売上手ですよね」    磯屋がにこにこしながら言った。  磯屋の話では、大内は、 自らデザインしたUFOや宇宙人の絵柄のついた Tシャツやマグカップなどオリジナルグッズを イベント会場やネットで販売しているという。 売れ行きは好調で、サイドビジネスとして成功しているらしい。 「UFOマニアが、介護ロボットの弁護をやろうとしているとは聞いてあきれるぜ」    今川がつぶやいた。 だいたい、ロボットを守る会というネーミングがふざけている。 UFOや宇宙人のグッズを自らデザインして商売しているぐらいだ。 介護ロボットの弁護も、話題作りのひとつに引き受けたのかもしれない。 「2月5日の深夜。 日本初の自律型ヒューマノイド支援ロボットを配置した 総合病院を全国に展開したことで知られる 大手企業テクノロイズムのチーフロボットクリエーター、 石川六右衛門氏が、自宅の寝室で倒れているところを テクノロイズム社長の秘書により発見されました。 発見された時、石川氏は、 ひとりで自宅にいたことがわかっており、 外部から、何者かが侵入した形跡はなく、 遺体には、なんら外傷が見られないことから、 警察は、病死と判断しました」  石川氏 の自宅前にいる男性記者ヒューマノイドが伝え終えた直後、 画面が、スタジオに切り替わった。 「ところで、僕が、スタジオに招かれた理由を そろそろ、教えていただけませんか? 」  どこからともなく、効果音が響いて、 大内の顔が、アップになった。 【2月5日の夜、地元の若者のグループが、 石川氏の自宅近くの公園に集まっていたところ、 突然、頭上に稲妻のような閃光が走り、 次の瞬間、巨大な円盤が出現したとツイートして話題になっています。 警視庁による記者会見では、 石川氏の死因は病死と発表されましたが、 オカルトサイトの掲示板をはじめ、 ネット住民の間では、 地球外生命体による暗殺説が広まりお祭り騒ぎです。 この騒動について、宇宙作家の立場から見解をお聞かせください】    男性アナウンサーヒューマノイドが 原稿を読み上げるのとほぼ同時に、 インタビューに答える若者の姿が、 背後のスクリーンに映し出された。 インタビューに応じた若者の顔には、 モザイクがかけられて音声も変えられており、 フェイクニュースぽい演出になっていた。 「石川氏は、日本の伝統工芸の技術を 最先端のロボット工学と融合させた 第一人者であったからでしょうか、 石川氏の行く先々には、 必ずと言っていいほど、 UFOの目撃情報があります」    大内が身を乗り出して告げた。  今川は、いくらなんでも、 UFOと結びつけるのは強引だと思った。 「石川氏は、非科学的な物事は一切信じない リアリストだったはずですが、UFOの出現率が高いというのは、 いったい、どういうわけだとお考えですか? 」    男性アナウンサーヒューマノイドが、 大内に質問を投げかけた。 今川はふいに、磯屋の方を見た。 磯屋は、夢中になって画面を見つめていた。 「UFOは、信じていない人間の前には姿を現しません。 存在が認められなければ、 メッセージを送っても届かないからです。 石川氏は、信じていないと表向きでは言いながらも、 心のどこかで存在を認めていたのではないでしょうか? 」  大内が真顔で答えた。  今川は、この手の話題には否定的だが、 磯屋は、興味があるようだ。 「石川氏は生前、我が国が、 各種の産業用ロボットや人形ロボット分野における 世界的な先進国になったのは、 江戸のからくり人形、 いわゆる、江戸時代のロボット技術があったからこそだと主張して、 人間とロボットとの共存社会の実現を目指されておられました。 石川氏の尊い志と石川氏が持っていた高度な技術は、 医療現場に留まらず、ホテル、オフィスなど 様々な職種における現場の人手不足の解消に貢献しました」    ここにきて、男性アナウンサーヒューマノイドが、 石川氏のエピソードを紹介した。 「大内さんにお伺いします。 また1人、偉大なロボットクリエーターを失くしたことにより、 我が国のロボット産業は後退すると思われますか? 」    女性アナウンサーヒューマノイドが、 大内にするどい質問を投げかけた。 「いいえ。僕は、そうは思いません。 なぜって? 石川氏には、弟子がいたそうですから、 おそらく、その弟子が、石川氏の意志を 継いで行くのではないかと思うからです」  大内が、神妙な面持ちで答えた。 スーツ姿のせいか、いっぱしのコメンテーターに見えた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません