作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

*  夕食を摂った後にもう一度入浴をした。夜はなにも見えないが、紺色の海を白い波が進んでいるのは目をこらせば見えた。夜の海って不気味だと零す潔子に、いつかその美しさを教えてやりたいと玲は思った。  つい数時間前に玲と潔子はキスをした。これで潔子が立てた目標は全てクリアした。  ベッドに寝転んでスマホを見ている潔子に近づき、その隣に無理矢理寝転ぶ。ぎし、とベッドが軋む音がやけに耳についた。 「キス、あんなに嫌がってたのにな。どうした?」 「……玲さんなら、いいかなって。好きだって思ったら、汚いとかそういう気持ちが薄らいで」 「そうかよ。じゃあ、もう一回やっとく?」  潔子の返事を待たずに玲は潔子の顔を引き寄せる。反応をうかがうが、驚きはしつつも大丈夫そうだ。身体を引き寄せて潔子の身体を両腕で拘束する。玲の身体の上で潔子は戸惑うような顔をしていた。 「玲、さん……あの……」 「わりい。今めちゃくちゃ触りたい。お前が我慢できるところまで、触らして」  玲の上に乗っかり全身を預けているような体勢で、潔子の方からゆっくりと唇を寄せてくる。潔子の腰から臀部辺りに手を滑らせると、重ねた唇がわずかに震えた。  潔子はなにかを考えた後に、浴衣の帯をしゅるりと解いた。柔らかそうな肌が玲の視界を占領する。 「……え? 潔子さん?」 「え、お誘いじゃないんですか? 勘違いしてたら、私めちゃくちゃ痛いですよね、今」 「いやいやいや、あの……そんなつもりは……いやあるけど……そんないきなり? めちゃくちゃ汚れるぞ?」 「玲さんなら……いいかなって。汚れたら、洗えばいいですし」  決意を固めたような潔子の目は、その奥まで覗きこめそうなほどに澄んでいた。 「うぐ……お前、ほんとわけわかんねえよ……ああもう、無理ってなったら殴って止めてくれ」  玲は潔子を抱きしめたままくるんと寝返りを打つ。目標リストのおさらいをするようにまず小指を繋いで、それから手を握った。ひとつずつ距離を埋めるように潔子に触れた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません