儚く吐かない
純文学 全7話 完結済み 第2回ステキブンゲイ大賞応募作
都心のビル街の一角。仕事の休憩時間に、喫煙所で煙草を吸う男が三人。 それぞれにそれぞれの生き方があったが、やがて彼らは、 ひとつの悲しい思い出を共有することになる。 煙草を吸って吐く煙のように儚く消えるもの。 言葉にできないけれど消えることのない想い。 日常におけるささやかな出会いと大きな悲しみを軸にした 短編作品です。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません