作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

その日、勇者隊は昼過ぎに魔物の群れの討伐を完了した。 まだ処理班の面々は走り回っていたが、討伐隊は日が暮れる少し前には酒の席に着いていた。 今夜の宿は食堂が狭かったため、勇者隊は村で一番大きな酒場へ繰り出していた。 今日は死者も無く、隊員にも大きな怪我が無く、皆明るい顔をしている。 勇者に就任した当初は未成年で、飲酒できなかったリンデルも、今では皆と共にグラスを傾けていた。 リンデルは、ふと、視線を感じて顔を上げる。 酒場の片隅に、片目を布で覆った黒髪の男が一人で酒を飲んでいた。 ここらではあまり見かけない、浅黒い肌。 前髪は顔を隠すほどに長く、胸の下ほどまで伸ばされた黒髪は、前で一つに括られている。 良く見れば、長袖の下の右腕は途中から無くなっているようだった。 ほんの一瞬、目が合ったような気がしたが、リンデルが見た時には男は自身の手元を見ていた。 こんな場所に知り合いなどいないはずだったが、リンデルは何故だか無性にその男と話したくなって、気付いた時には立ち上がっていた。 「勇者様……?」 ロッソの声が背にかかる。 それに気付く様子もなく、リンデルはその男から視線を離さないまま、何かに引き寄せられるようにそのテーブルへと向かった。 「あの、ご一緒しても、良いですか?」 なぜかは分からない。けれど、この男の側にいたい。 その衝動が抑えきれないままに、リンデルはほんの少し震える声で尋ねた。 「……ああ」 長い沈黙の後、男が短く答えた。 その言葉が、声が、堪らなく嬉しくて、リンデルは「ありがとうございますっ」と勢いよく頭を下げる。 その嬉しそうな声に、男がチラと視線を上げる。 深い緑の瞳に、輝くような金色をした青年の弾けんばかりの笑顔が映る。 「……っ」 男がそれから目を逸す。まるで、見てはいけないものでも見てしまったかのように。 子供のように嬉しそうに破顔したリンデルに、動揺したのは男だけではなかった。 (……勇者様?) こんなリンデルの顔など、ロッソはここ数年見た事がなかった。 前隊長だったルストックが一線を退き、リンデルが名実共に勇者隊の隊長に成ってからというもの、この青年の表情は日々皆の求める勇者としてのそれに変わり、年相応ではなくなっていた。 それが、不意にこんな笑顔を見せるなんて。 これは異常だと、非常事態だと、ロッソは気付く。 焦りを内に隠しつつ、ロッソは勇者の腕を引くと小声で尋ねた。 「勇者様、この方は……?」 「え? ああ、俺もこれから尋ねようと……」 そこまでを聞くと、ロッソは男へ頭を下げて告げる。 「お話中大変申し訳ありません。急ぎの用があるため、これにて失礼致します」 「え、ちょ、ロッソ……っ」 普段なら、これで素直に従うはずの青年が、この日はロッソの手を振り払った。 「待ってくれ。この人と、話をさせてほしい」 リンデルは声こそ荒げなかったが、その言葉にも金色の眼光にも強固な意思が込められている。 「……勇者様……」 ロッソは、なぜかリンデルが自分から離れて行ってしまう気がして、縋るようにその名を呼んだ。 「大丈夫だ。勇者の名に恥じるような事はしないよ」 リンデルは少し屈んでロッソの耳元で小さく囁くと、その肩をポンと叩いた。 そのままリンデルが自然な仕草で男の座るテーブルへ着席するのを、ロッソはどうすることもできずに見つめていた。 先ほど振り払われた手を、じわりと胸元へ引っ込める。 震える指先を隠して、ロッソは二人の傍に黙って控えた。 リンデルはその言葉通り、はたから見る限り、男と穏やかに世間話をしているように見えた。 自身のことを全く語ろうとしない男は、問うても名を名乗ることは無かったが、静かにリンデルの話を聞いていた。 時折「そうか、大変だったな……」などと男が相槌を打つと、リンデルは心底嬉しそうに微笑んだ。 部屋の隅で壁を背に飲んでいた男に、向き合うように座ったリンデルの、正面と片側は壁だった。 残る片側をロッソは自身の背で塞いでいる。 これで、ひとまずリンデルのこんな顔を目にできる者はいないはずだ。 ……この男を除いては。 それでも、リンデルがなぜこの男にこんなに気を許すのかが分からない以上、ロッソから危機感が薄れる事はなかった。 「……あの、明日も、話をさせてもらえませんか?」 少し不安そうな、それでも期待をはらんだリンデルの声に、ロッソは顔を上げる。 いつの間に俯いていたのか、どれほどの時が経ったのか、辺りは人もまばらになっていた。 しばらく逡巡するかのように沈黙を続けていた男が、 「……ああ」 と、どこか苦しげに答えると、リンデルは飛び上がらんばかりに喜んだ。 「ありがとうございますっ! 明日もここへ来ますっ!」 喜びを露わにするリンデルとは反対に、ロッソは息苦しさに胸を詰まらせる。 やはり、異常だ。 こんな……こんなに幸せそうに笑う姿は、今まで、ほんの一度きり。 姉の結婚式の際に、一度見せたきりだと記憶している。 それをこんな、初めて会ったばかりの男に見せるはずがない。 やはり、この男とリンデルには何かがある。 その何かが何かは分からなくとも、ロッソはその脅威からリンデルを、勇者を守り抜くと誓い、自身の使命を強く握り締めた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません