花なら赤のゼラニウム
第6話「セロニカとパノニカ」

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 今日はミリンが家に遊びに来ていて、機嫌が良いから夕食にカレーを作ることにしました。  ハラマキが食事に関心を持てなんて言うものだから、珍しく素直に聞いてみようという気になってしまって、我ながら主体性のなさを恥じつつも台所に立つ私。  なんだか健気けなげ。  カレーなんて結局のところ、市販のカレーブロックを鍋で煮込めば良いだけなのだから簡単簡単。  水は少なめが良いわね。シャバシャバのカレーなんて、バシャバシャのバタフライみたいで、何だか滑稽こっけいなものだから。  包丁は、出来れば握りたくない。だってコレ、下手をすると指を切ってしまう刃物ですし、人だって殺せてしまう凶器なのだから、触らないに越したことはない。  だからニンジンの代わりに、冷蔵庫にあった野菜ジュースを入れました。これならニンジンも入ってるし、他の野菜も入っているから体にとても良さそう。 「ヘルシーなのは、とても大事だと思うの」  消費期限は少しテンジャラスだけど、熱を入れれば安全なはずだし、やっぱり安全第一よね。  タマネギは剥くと涙が出るから、オニオン風味のポテトチップスで代用しましょう。乙女の涙は安くないのだ。 「それにポテチはジャガイモだから、一石二鳥、一石二野菜? 一丁上がりってなものよ」  今気づいたけど、私ってマジ料理の才能あるかもしれない。だって、次々とアイディアが溢れてくるのよ。 「あとはお肉だけど、なんだか素手で触るのは抵抗があるわね」  だってアレ、突き詰めて考えると死体なわけだし……ふふ、私って少しデリケートすぎるかしら。 「そうだわ! お肉はカップメンの謎肉で代用しましょう」  謎肉はなんといっても「謎」なわけだから、仮に乾燥した死肉を削って固めたものだったとしても、正体が分からなければ、どうとでも脳内変換できるというわけよ。  なんという名案! 私ったら、カレーのお嬢様みたい。 「料理って、きっと可能性なんだわ!」  そうして私は、包丁を一切使うことなくカレーを作り上げることに成功したのです。  名付けて「ススキ流乙女チック浪漫カレー(シェフの拘り)」! 「ミリン、御飯出来たわよ」  居間で楽しそうにテレビを観ているミリンに話しかける。  彼女が楽しそうにしているのは個人的に嬉しいのだけど、私はミリンの観ている番組が理解できない。 「ねぇ、ミリン。あれって……面白いの?」 「面白いから皆笑ってるんじゃん」  私にはお笑い芸人とやらの面白さが、よく分からないのだ。正直、宇宙人か何かが奇態を演じているようにしか見えない。 「笑い声はサクラでしょ? 録音した笑い声を流しているのよ」 「カレちゃんさぁ、そんな見方ばっかしてるから面白くないんだよ」  そうなのかしら。ミリンが言うなら、そうかもしれない。  でも面白くないものは面白くないし、退屈だわ。 「それよりカレー出来たから、お腹空いたでしょ?」  待ってましたとばかりにミリンが手を叩く。やっぱり、お腹空いてたのね。 「オバサン、映画だっけ?」 「ミュージカルだって言ってたわ」 「カレちゃんのお母さんって、オシャレだよね。美人だし、ウチと大違いだよ」 「そうかしら」 「そうだよ」  柔らかく何気ない日常の会話こそが、多分もっとも幸せなことなのだ。世界を救うほどの愛ではないけれど、そんな愛は私、見たこともないから信じないし、要らない。 「具が無いね」 「今、流行はやりの具無しカレーよ。ルーの中に旨味のエキスが入っているから、普通のカレーと同じ――いや、もっと美味しいはず!」 「へぇー。やっぱりカレちゃんの母上はオッシャレー」  私達はちゃんと「いただきます」をしてからスプーンに触れた。 「馬車ウマー!」  馬車ウマというのは私が作った造語の一つで、メッチャ美味い! の上をいく表現なのだ。あとは何となく説明したくない。 「ね? ミリン、馬車ウマでしょ?」 「う、うん。何だか変わった味だね」 「具材にはこだわってみました」 「えっ! このカレー、カレちゃんが作ったの?」  予想外の反応。そんなに驚くほどかしら? 「ウチの母上が、晩御飯用意して出かけるような人じゃないのは知っているでしょ?」 「どうしよう。私、食べちゃった……」 「どうしようもないわね」 「でも、カレーに失敗は無いか。小学生でも作れるもんね」 「ふふふ。そうね。そうだといいわね」  憎まれ口一つ叩かないと、カレーも食べられないのか。このミリンは。 「カレちゃんが料理するなんて、初めてだよね」 「まあね。私自身は、死ななければ何を口に入れても良いと思っているのだけどね」 「もしかして、好きな人でも出来た?」 「やれやれ、何でそうなるやら」  好きな人なら目の前に居るがな。言えないけど。 「私、最近お洋服作ったの。カレちゃん、着てくれる?」 「また? たまにはミリンが着てみたら?」 「だって、私じゃ似合わないんだもん」  ミリンは生地から裁断して洋服を縫うという趣味がある。  出来れば着てやりたいのだけど、作る服が少女趣味というか、ロリィタファッションというか、ヒラヒラのフリフリで私には少し抵抗があるのだ。  しかも、その姿を撮影するものだから、二の足を踏んでしまう。 「仕方ないわね。でも、撮影は程々にしてね」  これが惚れた弱みというヤツなのか。ミリンの笑顔が見たくて、やっぱり断れなかった。 「やった! カレーおかわり」 「はいはい」  この欲しがり屋さんめ。  私たちの何てことない日常が、緩やかに過ぎてゆく。サクラの笑い声に乗って、小学生でも作れるカレーを楽しみながら。  翌日、私は謎の体調不良のため学校を休んだ。  後になって知ったのだけど、ミリンも休んだらしい。  私のカレーが原因かもと一瞬思ったが、すぐに考えるのをやめた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません