作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ああ、松本さん」  私が声をかけると、ムサシ君は私の方を振り返ってそう答えてくれた。しかしそれと同時に、電車がホームに入ってきた。電車の風圧とブレーキの金切り音で私はムサシ君のその声を最後まで聞くことはできなかった。  電車が完全に停車し、プシューという空気音の後にドアが開くと、ムサシ君は「もう行かなきゃ。また明日ね、松本さん」と言い残して電車に乗り込んだ。ドアのところでこちらを向くと、私の方に手の平を見せてくれた。 (続く)

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません