140字の空想世界
0
5
ステキ作家 ステキユーザー
その他 全139話 連載中
140字で作るファンタジー。限られた言葉の中に無限の世界。 眠る前にのぞいたら、なんだか素敵な夢が見れそうな、 そんな言葉たちをどうぞ楽しんでください。

作品をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
夕暮れに砂丘で 
2022/03/29 19:48
青い花咲く野へ 
2022/03/30 20:33
空飛ぶ館 
2022/03/31 10:35
世界を見つける翼 
2022/04/01 02:46
花園で愛を乞う 
2022/04/02 03:11
二人だけの時間 
2022/04/03 15:28
混沌から生まれる輝き 
2022/04/04 15:05
僕らの秘密 
2022/04/05 15:33
砂の王国 
2022/04/06 15:14
あなたと食べる花 
2022/04/07 14:42
雪原の誓い 
2022/04/08 16:10
リルケを紐解く午後 
2022/04/09 14:38
永遠を私に刻む 
2022/04/10 23:28
午後の微睡み 
2022/04/11 20:11
彷徨えるあなた、今だけは 
2022/04/12 12:04
矢車菊色の海 
2022/04/13 11:37
ある午後の喜び 
2022/04/14 11:18
魅惑の逢瀬 
2022/04/15 14:38
青い時間の約束 
2022/04/16 12:41
あなたが教えてくれたこと〜紙の花〜 
2022/04/17 14:04
与えられた翅 
2022/04/18 12:39
黄金の時が私にくれるもの 
2022/04/19 14:06
白い花の香り 
2022/04/20 12:07
その微笑みは時をも包み込む 
2022/04/21 12:23
残された熱の行方 
2022/04/22 14:17
あなたの中に輝く宇宙 
2022/04/22 19:10
唯一無二のもの 
2022/04/23 12:18
永遠の輝きをあなたに 
2022/04/24 12:15
果てしない砂丘に星は微笑みかける 
2022/04/25 11:38
きみが自由を愛するから、僕はきみを愛す 
2022/04/26 12:17
この世界の中の君という輝き 
2022/04/28 13:37
煌めきが届けられる日 
2022/04/29 10:12
僕と大鹿と、色づく森にて 
2022/04/30 14:07
月の夜に巡り合ったもの 
2022/05/01 14:12
言葉に込められた永遠 
2022/05/02 12:06
手渡された切符 
2022/05/03 08:03
美しき木陰から見る世界 
2022/05/03 23:07
午後の紅茶をあなたと 
2022/05/04 14:11
永遠の庭にて 
2022/05/05 14:13
星と花と世界の秘密 
2022/05/07 12:12
銀河鉄道のその向こう 
2022/05/09 00:12
美しき世界の物語 
2022/05/10 00:16
幾万光年の夢を重ねて 
2022/05/11 11:07
包まれて包んで恋する時間 
2022/05/12 11:38
常設展の甘い誘惑 
2022/05/14 00:12
私を溶かす花 
2022/05/17 12:21
花咲く季節の宝物 
2022/05/18 14:03
神々の住まう国で 
2022/05/20 13:13
麗しき棘たちの夢 
2022/05/21 10:18
深夜の告白 
2022/05/22 12:37
遠き日の大切な歌 
2022/05/23 06:20
古代の叡智を越えるもの 
2022/05/24 04:31
遥か遠くから流れ着いたもの 
2022/05/26 01:32
夏花たちの秘密 
2022/05/27 05:04
生まれ故郷の話をしようか 
2022/05/28 12:16
僕の愛ときみの愛 
2022/05/29 12:21
乗車時間は間もなくです 
2022/05/30 12:23
星降る夜のご招待 
2022/05/31 12:32
翼をたたむ時間 
2022/06/01 04:44
待ち望んだ夜 
2022/06/02 12:48
大いなる始まりの唄 
2022/06/03 05:17
この世界の仕組み 
2022/06/04 12:05
牧神の午後とは 
2022/06/05 06:38
何よりも美しいもの 
2022/06/06 04:08
ある午後の頼まれごと 
2022/06/07 07:18
新しい海への船出 
2022/06/08 04:38
それは僕らが作るもの 
2022/06/09 11:51
心から欲するもの 
2022/06/10 06:18
私の世界を輝かせるもの 
2022/06/11 13:11
あの日も今日も 
2022/06/12 12:17
職人たちのひそやかな夢 
2022/06/13 14:07
未来とは何かを語り合う午後 
2022/06/14 06:50
輝ける青の旅立ち 
2022/06/15 16:38
私たちの超えていくべきもの 
2022/06/16 13:12
まだ見ぬ遺跡を想う夜 
2022/06/17 14:17
愛の行方、刹那と永遠 
2022/06/18 12:38
夕焼けが包む言葉 
2022/06/19 12:03
美しき時代の始まり 
2022/06/21 02:28
きみに一番似合うドレスは 
2022/06/21 12:38
僕の庭の美しさには訳がある 
2022/06/22 11:48
私たちの夏は永遠に輝く 
2022/06/23 14:11
愛すべき言葉の行方 
2022/06/25 14:21
だからこそ愛おしいもの 
2022/06/26 13:38
ある日彼女は囁いた 
2022/06/27 13:38
月夜の浜でいつか 
2022/06/28 13:37
宝石のような言葉を並べよう 
2022/06/29 12:38
そうして私は世界を知った 
2022/06/30 11:37
秘密の場所であなたが教えてくれた 
2022/07/01 14:03
私が私でいるということ 
2022/07/02 12:17
僕らの幸せを探し出そう 
2022/07/03 14:07
美しき飛行船の夢 
2022/07/04 14:12
僕とあなたの約束 
2022/07/05 14:31
探し物を届けた夜 
2022/07/06 14:07
午後の紅茶と海洋を渡る夢 
2022/07/07 14:07
僕らの誓い 
2022/07/08 13:38
青い午後の内緒話 
2022/07/09 13:38
私のガリンペイロ 
2022/07/10 13:38
音という宝物 
2022/07/11 13:38
僕らの使命 
2022/07/12 13:38
ラブ・ポーション 
2022/07/13 11:38
残酷で美しく揺らぎないもの 
2022/07/14 14:02
青い薔薇の花言葉 
2022/07/15 14:03
密談は花の香りに満ちて 
2022/07/16 14:02
私たちの白昼夢 
2022/07/17 14:02
ある夏の夜の物語 
2022/07/18 14:11
そうして切なさは優しさになる 
2022/07/19 14:03
素敵なランチタイム 
2022/07/20 14:03
無題 
2022/07/21 14:44
大いなる冒険の時 
2022/07/22 14:02
星笑う街にようこそ 
2022/07/23 13:23
今叶えられる僕の夢 
2022/07/24 13:48
ミッション コンプリート 
2022/07/25 13:47
真夜中の美しき秘密 
2022/07/26 13:47
優雅なる月光の誘惑 
2022/07/27 13:47
風に吹かれて僕は想った 
2022/07/28 13:47
あなたに食べさせたいもの 
2022/07/29 13:48
ある日の卵は謎のまま 
2022/07/30 14:01
それは鮮やかなる刻印 
2022/07/31 13:08
輝きがもたらす意味 
2022/08/01 13:47
ああ、それは最強の 
2022/08/02 13:38
香りの中に満ちる想い 
2022/08/03 13:48
僕が焦がれるもの 
2022/08/04 13:48
この世界の美しさの中で 
2022/08/06 13:43
一緒に泣けば寂しくない 
2022/08/07 13:07
偽りの日々 
2022/08/08 14:11
始まりの朝 
2022/08/09 13:38
星降る夜の内緒話 
2022/08/13 13:38
想いをしたためる朝 
2022/08/15 14:03
めぐりゆく季節 
2022/08/16 14:03
私を作る瞬間 
2022/08/18 14:02
ある夏の日の浜で 
2022/08/19 14:12
遠くあなたに呼びかける 
2022/08/20 13:48
境界線の約束 
2022/08/21 13:48
夜明け前の涙 
2022/08/22 13:48
誰も知らない味 
2022/08/24 13:47
きみに捧げる喜びの歌 
2022/09/02 14:02
お茶会は終わらない 
2022/09/11 13:22
朝の中の探し物 
2022/09/14 12:38
やってくる季節の約束 
2022/09/21 11:38
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません