昨日を忘れ去る私と、黒いノートブックの物語
SF 全8話 完結済み
カフェでノートを開いていた私は、ふと気づいた。 自分がその一瞬より前の記憶を何も思い出せないことを。 ノートには自分の身に起きている出来事がつづられていた。 私に残された時間は、あと二十四時間。 (全7話) ※ノートに手書き作品からの文字起こしです。 ※Google+ 手書きノート部活動ログより転載 ※小説投稿サイト「セルバンテス」より移転

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません