作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 これを書いたのは私だろうか。  ふと疑問に思い、私はノートのページをめくった。  黒い表紙のハードカバーのノートに書きつけられているページは、初めの方の数ページだけで、それはもう読んでしまった。  残りのほとんどのページは、何も書かれていない白紙のままだ。  もしやと思いカバンを探ると、革製のペンケースがあり、中に万年筆が入っていた。  私は店員に今日の日付を聞き、あやしむ目で見られながら、ノートの続きのページに万年筆でその日付を書き付けてみた。  20✕✕年、某月某日。〇〇という店で夕食をとった。ハンバーグステーキとライス。ソースが少々、塩辛い。  どうでもいいことだが、書いてみると、私の筆跡が、初めにノートに書き記されていた文章の文字と同じであることがわかった。  私の意識は失われるが、ノートに書いた文字は残る。それによって、私は明日の私にわずかばかりでも、今日の記憶をのこせるのではないだろうか。  しかし、それがハンバーグとライスか。  私は笑った。目覚めてから、おそらく初めて、笑った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません