おや、誰か来たようだ……
ファンタジー 全6話 完結済み
戸を叩く音がする―― 「飲めばたちまち若く美しくなれる魔法の薬じゃよ」  訪問販売の魔女らしきババアが戸口で言った。 「その薬、ほんまに効くんか。ババアが自分で飲んでみ?」  ドアチェーンごしに言うと、ババアはきょとんとした。 ――不思議な来客から始まるショートストーリー。 1分で読める、300字程度の小さな物語集です。 (※セルバンテスから引っ越してきました)(※noteにも掲載中です)

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません